Arduino

【Arduino】Arduinoの最初の使い方を分かりやすく解説!【Arduino IDE】

how-to-use-arduino

<この記事について>

  • 「Arduinoの使い方がよくわからない…」、「Arduino IDEのインストール方法が知りたい!」などと思っている人のために書きました。
  • この記事を読むことで、Arduino IDEをインストールして実際にArduinoを動かす方法が分かります。
  • 結論としては、「Arduino IDEのインストール」→「電子回路の組立」→「プログラムを作成しArduinoに書き込む」という手順でArduinoを使うことができます。

こんにちは!こんばんは!

ちゃとらです(・ω・)/

Arduino入門者が最初に乗り越えなければならない壁がArduinoのセットアップです。

ぜひこの記事を参考にしていただけたらと思います。

ちゃとら

Arduinoの最初の設定・使い方についてわかりやすく解説していきます!

今回扱うArduino

Arduino Uno
Arduinoの種類Arduino Uno R3
値段27.60ドル
(3750円程 投稿日現在)
生産国イタリア
サイズ8 x 5.51 x 2.49 cm

Arduinoの中で最も一般的なArduino Unoを使用して動かしていきます。

Arduino Unoの互換機ならばこの後紹介する回路を同じように組んで動かすことが可能ですが、Arduino MicroやArduino Nanoなどの違う種類の物は、回路やボードの設定が異なるので注意が必要です。

使い方

Arduinoの使い方の手順は以下の通りです。

  1. Arduino IDEをインストールする
  2. 電子回路を組む
  3. Arduinoにプログラムを書き込んで動作させる

Arduino IDEのインストールは少し時間がかかりますが、全体的にはそんなに難しくはないです。

結構すんなりいくかと思います。

ちゃとら

それでは、1つ1つ手順を説明していきますよ!

Arduino IDEをインストール

プログラミングをしてArduinoで動作させるには、Arduino IDEという統合開発環境が必要となります。

なので、公式サイトで自身のOSに合ったインストーラをダウンロードする必要があります。

Arduino公式サイトのリンク

https://www.arduino.cc/

僕はWindowsのパソコンしかないのでWindowsでの設定方法になってしまいますが、他のOSで設定する場合はこの後にある参考リンクを読んでください。

Arduino IDEインストール手順1

Arduino IDEインストール手順2

Arduino IDEインストール手順3

Arduino IDEインストール手順4

無事ダウンロードが成功すればArduino IDEが開きます。

ここまでできればArduino IDEのインストールは完了です。

Arduino IDEのウィンドウ

Windowsでの設定はこのようになります。

ついでに、行番号を表示させておくとコードが見やすくなるので、設定することをお勧めします。

「ファイル」→「環境設定」と選択し、環境設定のウィンドウが開いたら「行番号を表示する」にチェックを入れて「OK」しましょう。

Arduinoの行番号の設定1

Arduinoの行番号の設定2

他のOSで設定する方法は以下のリンクを参考にしてください。

電子回路を組む

回路を組まなくてもArduinoに搭載されているLEDなどを光らることができますが、それだと物足りないし何より実践的ではありません。

なので、簡単なLEDの回路を組んで動かしてみます。

LEDの配線図

抵抗付きのLEDならば抵抗は必要ないですが、抵抗無しのLEDなら330Ω~1kΩぐらいの抵抗を組み込めばOKです。

LEDの向きに注意で、抵抗→アノード(長い足)→カソード(短い足)→GNDの向きで組み込みましょう。

Arduinoにプログラムを書き込み

今回はLEDを点滅させるLチカをやってみました。Arduinoの入門としては王道中の王道です。

以下のプログラムをArduinoに書き込みます。

// Arduinoが動作したときに一度だけ実行される処理
void setup() 
{
  // デジタルピンの1を出力として設定
  pinMode(1, OUTPUT);
}

// 何度も実行される処理
void loop() 
{
  // 1番ピンの電圧を5Vにして0.5秒待つ
  digitalWrite(1, HIGH);
  delay(500);
  
  // 1番ピンの電圧を0Vにして0.5秒待つ
  digitalWrite(1, LOW);
  delay(500);
}

保存場所を意識しなくてもプログラムを動かすことができますが、Arduino専用のファイルを作った方が管理しやすいかと思います。

プログラムの作成ができたら、ArduinoとパソコンをUSB接続してコードを書き込んでいきます。

Arduino IDEにてシリアルポートの設定をします。「ツール」→「シリアルポート」でArduinoが接続されているものを選びましょう。

Arduino IDEでのシリアルポート設定

シリアルポートの設定が終わったらArduinoにプログラムを書き込んで動作確認をしてみましょう。

Arduinoにプログラムを書き込む
LEDの点滅

LEDが0.5秒ごとに点滅をしていれば成功です!

こんな感じでArduinoに電子回路を組んで様々なことができます。

とあるモブ

電子回路組んでプログラミングをしたけどこんだけなの⁉

もっとすごいの期待してたのに…

ちゃとら

これはこれで大きな一歩ですよ。

まとめ

Arduinoの使い方について

  1. Arduino IDEをインストールする。
  2. 電子回路を組む。
  3. プログラムを書いてArduinoに書き込む。そして動作させる。
ちゃとら

Arduinoを始める大きな一歩を踏み出しましょう!

今回はここまでです。

ちゃとら(・ω・)/